インフォメーション

エンタテインメントの新常識はライブ配信
“neo bridge”でファン同士繋がって楽しもう!
「Go Toイベント」も活用してお得に

2020年12月17日

新型コロナウィルスの感染拡大により、ライブ活動を中心とするアーティストを含むエンタテインメント業界が大きな打撃を受ける中、ボードウォークでは、7月より配信プラットフォーム”neo bridge(ネオブリッジ)”をスタートし、大物アーティストの配信を行っています。
従来からアーティストのファンクラブ運営も手がけてきた経験もあり、単なるチケットプレイガイドではなく、コンテンツ制作やプラットフォームを提供するエンタテインメント支援企業として新たなサービスを次々に開発しています。
 

 

ライブ配信プラットフォーム“neo bridge”

 

ファン同士の距離感を縮める「チャットルーム」を活用しよう!

 


ボードウォークのneo bridgeでは、ライブ映像を見ながらファン同士が語り合えるタイムライン機能が人気です。知らないファン同士が繋がり、語り合いながらライブ映像の鑑賞を楽しむことができると大好評です!
その他にも、テキストに加えてビデオと音声で会話できるチャットルーム機能も備わっており、クラシックコンサートなど会話がタブーな鑑賞スタイルのライブでも会話しながら鑑賞ができます。
チャットルームには「限られた友人たちで集まって会話ができるプライベートルーム」と「テーマに沿って自由に集まるオープンルーム」の2種類あり、ファン同士の繋がりを広げ、深めることができます。

 

アーティストとの距離が近い!

 
アーティストを応援する「ギフト」機能はもちろん、そのままファンンクラブへの入会ページへ飛んだり、ライブで楽しみにしていた専用グッズの購入もオンライン上でできたりします。
イベントによっては、チャットルームでアーティストとおしゃべりできるかも!?
 

チケットが購入から視聴までワンストップ

 

 
電子チケットticket board(チケットボード)と配信プラットフォームneo bridge(ネオブリッジ)共にボードウォークが提供しているサービスなので、購入から視聴までが簡単ワンストップで完了します。
 

ライブ配信も「Go Toイベント」の対象に

 
10月末からスタートしている「Go Toイベント」ライブ配信も対象になります。当社もチケット販売事業者・主催者として認定されており、ボードウォークが提供している電子チケットサービスticket boardでライブチケットを購入すると、2,000円を上限に2割相当の割引が受けられる予定※です。
※詳細は発表を待ってからとなります