リリース

「Go Toイベントキャンペーン」チケット販売事業者に認定
電子チケットサービス「ticket board」で販売をスタート!

2020年12月2日

大型音楽ライブを中心に国内最大887万人の会員を有する電子チケットサービス「ticket board」を運営する株式会社ボードウォーク(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:遠藤政伸、以下ボードウォーク https://boardwalk-inc.jp )は、政府が実施するイベントに対する需要喚起策「Go Toイベントキャンペーン」におけるチケット販売事業の受託事業者に認定されました。対象となるチケットの販売を2020年12月から順次開始します。
 
チケット販売事業の受託事業者認定を受け、当社は運営するサービスを通じてより多くの方々にアーティストの魅力に触れていただく機会を創出し、自社による主催興行イベントも積極的に挑戦していきます。なお、当社は、「Go Toイベントキャンペーン」の主催者事業の登録も完了しており、日本のエンタテインメント業界の盛り上げに尽力してゆきたいと考えています。
 
当社は、新型コロナウイルスの感染拡大により、リアルライブの自粛が続いた7月、オンラインのライブ配信プラットフォーム「neo bridge(ネオブリッジ)https://ticket.tickebo.jp/neobridge/ 」を構築、電子チケット「ticket board(チケットボード)」と連動することで、発券から配信まで一気通貫で行えるサービスの提供を開始しました。今回の「Go Toイベントキャンペーン」は、リアルなライブやイベントの他、ライブ配信も対象となっています。当社で発売・配信するライブの対象チケットは、12月より順次販売をスタートしますので、最新の情報は「ticket board」の公式サイトにてご確認ください。
https://ticket.tickebo.jp/
 
■ Go Toイベントキャンペーンとは

認定されたチケット販売事業者などを経由して、期間中のイベントやエンタテインメントのチケットを購入すると、チケット代金の2割相当の割引またはクーポンなどを付与することで、エンタテインメント業界の需要喚起を目的とするキャンペーンです。
適用期間は、2021年1月31日(日)までの予定ですが、給付は予算の範囲内で実施され、給付の対象となるイベントの限定やキャンペーン期間の変更等がある可能性があります。詳しくは経済産業省「Go Toイベントキャンペーン」ページをご覧ください。https://gotoevent.go.jp/
 
■ 株式会社ボードウォーク
「カタチにこだわらないエンタテインメントの楽しさを提供し、ひとりひとりの感動の最大化を目指す」を企業理念に、国内最大の電子チケットサービス“ticket board” の運営の他、デジタルコンテンツ及びグッズ等の企画制作や、ファンクラブ及びファンクラブイベントの企画・提案、会報の制作なども手がけています。

<主な取扱実績>
安室奈美恵、E-girls、EXILE、SMTOWN LIVE、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、GENERATIONS from EXILE TRIBE、SHINee、少女時代、東京ガールズコレクション、TWICE、ナオト・インティライミ、氷室京介、Mr.Children、矢沢永吉、L'Arc〜en〜Ciel (五十音順)
本社:東京都千代田区麹町1丁目7番地 相互半蔵門ビル8階
代表取締役社長:遠藤政伸
設立日:2010年5月27日
資本金等:4億7,980 万円
URL:https://boardwalk-inc.jp/